スランプから抜け出すには

ちょっとオーバーなのかも知れませんが、私のFXはスランプに陥ることがあります。スランプとは、仕事やスポーツさらに勉強などで、今までとは違って旨くいかなくなる状態のことです。

スランプに陥るにはいくつかの原因があるかと思いますが、冷静になってその原因をつきとめられると脱出への糸口をつかめらるのです。でもスランプは悪化させないように、気をつけなければなりません。

私がFXでスランプに陥った経験では、同じようにテクニカルチャート分析をしている積りでも、予測的中率が下がってしまったのです。そうなってくるとやり方が悪いのかもと、自分のFXを疑うことになりますよね。

そうでなくて予測的中率が下がったのは、レート変動の波が崩れてきたかもしれません。冷静な気持になって、原因は何かを探る心の余裕が、スランプ脱出方法のようです。スランプだと思って自信を失うことの方が問題なのかも知れないのです。

私も同じで、誰でもスランプに陥ることはあります。ですからそうなったときに、どうやって脱出したら良いかを知って置きましょう。

FXでのスランプとは、今までは良かったのに損失が膨らんできている。予測があたらなくなってきた。今までは良かったのにと気にしすぎると、ますます状態を悪化させることになるのです。

FXはいつもコンスタントに証拠金が脹らんでいくとは言えません。でも人間って欲張りで、調子が良い時は、このままでいくと今月は、先月より10%利益率アップなんて考えてしまいます。でも考えたときから今度は損失が膨らみだすなんて多いのです。

現実的に考えるとFXってそんなに旨くいくものではないので、波があるのはあたりまえと考えた方が良いのです。でも自分をみつめ直すって意外と大変だったりします。仕事だと上司から「もっと頑張れ」なんてことはありますが、FXは自分の中で完結させなけばならないので、セルフチェックをどうやるかが重要ポイントです。