デモトレードでFX会社の特徴をつかもう!

面白そうだからFXをやって見ようと考えても、どこのFX会社が本当に良いのか分かりませんよね。

ネットなどでFX会社ランキングから選んでいく方も多いかと思います。でも実はFX会社って、ランキングで便利さの基準を見つけながらもっと深く違いを見つけていけると上手なFX会社選びとなって行けます。

どうやって選ぶかですが、デモトレードの活用はかなり有効的な手段です。多くのFX会社ではデモトレードを設けているので、数社のデモトレードを実際に使って見るのが良いかも知れません。

FXトレードは、瞬時に動く為替レートを追いかけていくので、まずはパソコン操作が簡単でないといけないのです。さらに嬉しいのは、ファンダメンタル情報を速報してくれたりするとテレビニュースに頼らなくても良いのは便利ですよね。

そしてゲーム好きな人に必要なのはゲーム感覚ですよね。ゲームにはすばやい動作が出来ないと駄目で、攻略法を覚えながらどんどんゲーム感覚を磨かないと面白くありません。

ゲーム好きな人がFXも好きかは別ですが、FXトレードを上手にこなして行くには、FX感覚を身に付けて行かなければなりません。おそらくFX初心者にとって、最初から画面操作をスピーディになんて無理です。

FXトレードに必要なのは、瞬時に変わる為替レートを追いかけながら決裁していななければならないのです。これがFX感覚の第一歩といえるのですが、

兎に角早くスピーディな画面操作に慣れなければならないのです。ですからデモトレードが大切で、何しろ無料でできて口座開設をする必要はありません。

米中貿易摩擦の影響

週初めの月曜日、通勤時間に発生した大阪北部地震から1日たった昨日19日の日経平均株価は、2万2,278.48円で終了し前日比-401.85円となりました。

前日の米株が下落したこと、またアメリカと中国の貿易摩擦懸念が足を引っ張る形となりました。

そして更に、トランプ大統領は中国製品に対して追加関税の調査を指示したことが原因にもなっています。中国の報復関税に対して、さらなる追加措置を加えたことになります。

トランプ大統領の発表を受けて、中国は大激怒!

当然ドル円も大きく動き、110.5円から110.1円にまで大きく値を下げました。世界的な貿易戦争懸念の影響はドル円だけでなく、他の通貨にも影響が出ています。ユーロ円は128.5円から128.2円へ、ポンド円は146.3円から146.0円の推移です。

ちなみにユーロドルはと言うと1.164ドルにまで上昇しましたが、昼時間に入るとズルズルと下がりました。東京時間終了時には、1.160ドルまで下がっています。

ネットでは次の地震への警戒が盛んですが、、まずは落ち着いて、今の状況に対処していき、今後の備えも怠り無くしたいものです。

ついに全米オープン開幕

ついに全米オープンが開幕しましたね。しかし日本では夜中から放送です。。これは平日のテレビ観戦は辛いものがあります。5日日本でも海外メジャーとは言いませんが世界選手権が開催されるようになるといいですね。

それにしても事前情報通り、厳しいコースに強い風が吹き荒れるとスコアは伸びません。

ラウンド1日目のトップでさえ-1です。ちなみに初日トップに経ったのが世界ナンバーワンのD.ジョンソン他3名。S.ピアシー、I.ポールター、R.ヘンリーとベテランであり、なおかつショットメーカが上位に来ています。これからの3日間、まさにガマン大会の様相となりそうです。

ところで日本勢は松山が+5でなんとか予選ラインに入っていますが、他3名は明日大きく伸ばさないと厳しい状況です。頑張れ!

ところで市場では12日最大のビッグイベントであった米朝首脳会談は、非核化で見事に合意にこじつけました。

トランプ大統領は米韓演習を停止するとしていますが、北朝鮮への経済制裁は継続するとしています。また拉致被害者に対しては一応話には出ていたそうですが、解決には至っていません。

ドル円は大注目だった米朝首脳会談が終わったためか、方向感に欠ける展開です。一時は110.1円にまで落ち込んだ場面はあったものの、110.3円にまで戻しています。

一方ユーロドルはと言うと、欧州序盤は1.17後半から1.18ドル台まで上昇しました。しかしドイツの経済指標の結果が振るわなかったことを受けて、再び1.17ドル後半へとつけています。

ビッグイベントだった米朝首脳会談は、何とか乗り切ることができました。でもビッグイベントは米朝首脳会談だけではありません。

ヨネックスレディース観戦

先週末に新潟県で唯一開催される女子プロトーナメントのヨネックスレディースへ観戦に行ってきました。

東京から新幹線で1時間40分あまり、さらに長岡駅からシャトルバスで30分ほど、バスも快適で千葉や茨城で開催されるトーナメントと変わらない時間で開催コースのヨネックスCCへ到着しました。

金曜日の10時位に到着しましたが、天候は薄く曇り気温も20度前後と絶好のトーナメント日和、観客も初日朝から大勢入場しておりました。

すでに多くの選手がスタートしていましたが、入場して目に飛び込んできたのが先週見事に初優勝を飾った岡山絵里選手、先週の優勝そのままに安定したスイングをしていましたね。

また午後から18番ホールの2打目地点へ移動、その途中、柏原選手がカートに乗ってクラブハウス方面に戻るのを目撃、てっきりOBの打ち直しだと思った所、後に左手首痛で棄権っと聴いてがっくり、結構好きな選手です。ゆっくり直してください。

また日曜日、試合終了後、長岡駅で上田桃子選手を目撃、今回も惜しくも優勝に届かず悔しいと思いますが、にっこり笑顔で会釈してくれたところを見ると、精神的に安定している証拠、近々の優勝もありそうな雰囲気でした。

そんな週末を過ごした週明け、欧州株は全体的に安定しており、まずまずと行った所でしょうか。ただしイタリア株が前営業日比よりも下回ってはいるが…。

ただ大きな懸念材料となっていた「イタリアEU離脱」のシナリオは、何とか回避はできそうです。 東京時間には1.17ドル台に行けなかったユーロドルは、欧州時間になると一気に上昇。高値を1.174ドルにまで伸ばしました。

しかしユーロドルを押し上げる材料は特になく、1.171ドルまでに値を下げています。今日はユーロ圏生活者物価指数が発表されましたが、弱めの結果となりました。一方ドル円はと言うと、109.6円を軸に上下の動きです。動きらしい動きは特になく、次の材料待ちと言った所です。 材料がないわけではないのですが、特に目新しいニュースは見当たりませんでしたね。