お盆休み。。

みなさんお盆は、いかがお過ごしでしたでしょうか?私はと言うとお盆だと言うにも関わらず忙しく、気がついたらお盆が終わっていた感じです。来年こそはダラダラしたお盆を過ごしたいものです。

さてお盆で、ちょっと気になるニュースがありました。2歳の子供が行方不明になった事件です。無事かどうか、本当に心配しました。誰かに連れ去られてしまった恐れも、十分に考えられます。でも1人のボランティアの方が見つけてくださり、2歳の子供は無事保護。無事で一安心です。

ただ子供を見つけたボランティアの方は大変素晴らしい方で、これまで日本全国各地を転々とボランティアに励んてきたそうです。彼こそが、本当の意味でのヒーローです。世の中まだまだ捨てたものではありません!

そんな日本のお盆と同じ様に、欧米のあちらの国ではトルコリラが回復していることを受けて、欧州市場は比較的落ち着いた展開となりました。

また欧州株が上昇していることもあり、安定感もあります。中国商務次官が8月下旬に訪米して通商協議を行うニュースが、米中貿易戦争を緩和するとの期待感も高まっています。

欧州序盤のドル円は110.7円から、再び110.9円台まで上昇しました。しかしアメリカの長期金利が低下したことを受けて、ドル円も下落。110.5円にまで落ち込んでしまいました。111円台に勝負をかけるのは、先の話になりそうです。

一方ユーロドルはと言うと、1.13ドル後半での取引となりました。 トルコの動きに対して、市場はかなり敏感になっています。果たしてどうなってしまうのか?