お盆休み。。

みなさんお盆は、いかがお過ごしでしたでしょうか?私はと言うとお盆だと言うにも関わらず忙しく、気がついたらお盆が終わっていた感じです。来年こそはダラダラしたお盆を過ごしたいものです。

さてお盆で、ちょっと気になるニュースがありました。2歳の子供が行方不明になった事件です。無事かどうか、本当に心配しました。誰かに連れ去られてしまった恐れも、十分に考えられます。でも1人のボランティアの方が見つけてくださり、2歳の子供は無事保護。無事で一安心です。

ただ子供を見つけたボランティアの方は大変素晴らしい方で、これまで日本全国各地を転々とボランティアに励んてきたそうです。彼こそが、本当の意味でのヒーローです。世の中まだまだ捨てたものではありません!

そんな日本のお盆と同じ様に、欧米のあちらの国ではトルコリラが回復していることを受けて、欧州市場は比較的落ち着いた展開となりました。

また欧州株が上昇していることもあり、安定感もあります。中国商務次官が8月下旬に訪米して通商協議を行うニュースが、米中貿易戦争を緩和するとの期待感も高まっています。

欧州序盤のドル円は110.7円から、再び110.9円台まで上昇しました。しかしアメリカの長期金利が低下したことを受けて、ドル円も下落。110.5円にまで落ち込んでしまいました。111円台に勝負をかけるのは、先の話になりそうです。

一方ユーロドルはと言うと、1.13ドル後半での取引となりました。 トルコの動きに対して、市場はかなり敏感になっています。果たしてどうなってしまうのか?

スランプから抜け出すには

ちょっとオーバーなのかも知れませんが、私のFXはスランプに陥ることがあります。スランプとは、仕事やスポーツさらに勉強などで、今までとは違って旨くいかなくなる状態のことです。

スランプに陥るにはいくつかの原因があるかと思いますが、冷静になってその原因をつきとめられると脱出への糸口をつかめらるのです。でもスランプは悪化させないように、気をつけなければなりません。

私がFXでスランプに陥った経験では、同じようにテクニカルチャート分析をしている積りでも、予測的中率が下がってしまったのです。そうなってくるとやり方が悪いのかもと、自分のFXを疑うことになりますよね。

そうでなくて予測的中率が下がったのは、レート変動の波が崩れてきたかもしれません。冷静な気持になって、原因は何かを探る心の余裕が、スランプ脱出方法のようです。スランプだと思って自信を失うことの方が問題なのかも知れないのです。

私も同じで、誰でもスランプに陥ることはあります。ですからそうなったときに、どうやって脱出したら良いかを知って置きましょう。

FXでのスランプとは、今までは良かったのに損失が膨らんできている。予測があたらなくなってきた。今までは良かったのにと気にしすぎると、ますます状態を悪化させることになるのです。

FXはいつもコンスタントに証拠金が脹らんでいくとは言えません。でも人間って欲張りで、調子が良い時は、このままでいくと今月は、先月より10%利益率アップなんて考えてしまいます。でも考えたときから今度は損失が膨らみだすなんて多いのです。

現実的に考えるとFXってそんなに旨くいくものではないので、波があるのはあたりまえと考えた方が良いのです。でも自分をみつめ直すって意外と大変だったりします。仕事だと上司から「もっと頑張れ」なんてことはありますが、FXは自分の中で完結させなけばならないので、セルフチェックをどうやるかが重要ポイントです。

米欧首脳会談

為替はファンダメンタルな要因によって、「待っていました」と言わんばかりに、急落や急上昇します。だからFXトレーダーは、ファンダメンタルな要因である経済や社会情勢をキャッチするために、ニュースに耳を傾けていないとやって行けないのではないでしょうか。

仮にトレード中だと、急落という事態に対応できないと大きな損失を招いてしまうからです。昨夜までは良かったのに、朝レートを見たら急変なんて起こりうるのです。でもファンダメンタルな要因ばかりを追いかけるFXってつまらないと感じたことはありませんか?

もっと腰を据えたFXをやって行きたいですよね。FXのトレードスタイルは人それぞれですが、あまり振り回させないFXが良いのではないでしょうか?

なんて考えながら欧州時間になると、米欧首脳会談待ちムードが更に高まりました。ドル円は111円台前半の取引が続いており、ギリギリ111円台を何とかキープしている状態です。一方ユーロドルは、1.16ドル後半での展開です。

市場が今ピリピリしているのが、アメリカの通商問題です。中国の関係が問題になっていますが、EUとの関係も最悪です。何せトランプ大統領は「EUは敵」とまで言っているので、一触即発状態です。

米欧首脳会談で期待するのは、EUとの関係改善です。お互いが譲り合える所を譲り合い話に決着がつけば、市場も安心できます。でも彼等の辞書に「譲り合い」という言葉があるのかは、疑問ですが…。

ただアメリカ側も、通商問題で経済悪化は何としてでも避けたいと考えているはずです。そこを上手く突くことができれば…。

FX人気の秘密

お金をなんとか増やしていける方法に、興味を持つかたは多いかと思います。僅かな資金でも始められるのがFXですから、人気の秘密はそんなところにあるのでしょう。

さらに今はネット社会で、自宅や電車の中などで、ちょっとした時間にスマホやパソコンの画面からでもできるのが、FXの便利さです。

でもそんなに簡単にはお金は増やせません。こうすれば良いという攻略法が紹介されていますが、どこまで役立つのでしょうか?

でもFXに興味が沸いてきたら、まずは口座は簡単に作れるので、お金を使わなくても実際のFXトレードを練習できるデモトレードから始めるのが良いかも知れません。

FXは画面上で通貨の売買をするので、マネー感覚が変わってきます。デモトレードは実感を掴むのにも必要なのです。

そして、毎日のニュースでは、刻々と変化している為替レートが報じられていてFXファンだけでなくて、誰もが経済情勢を気にしながら見入っていますよね。

為替レートが変動するのは、機関投資家や一般FXトレーザーがお金そのものを売買させるから変わるのです。売買されるときの価値が為替レートですが、その国の経済情勢が高くなってくるとレートも高くなってきますからレートが安いうちに通貨を持っておいて高くなったときに売ると利益が自分のもとに入ってくるのがFXです。

ですからご自分のお金を増やそうと考えると為替の売買であるFXに参加していけばよいのです。でも為替レートが今後どう動いて行くかを読めるようにならないとお金の売買で利益を得ることはできませんからね。

片山晋呉選手の謝罪会見

昨日、件の片山選手が謝罪会見を開きゴルフニュースでは、これ一色になりましたね。

ことの顛末もやっと判明したようで、言われているような邪見に扱った事はなかったようですが、同伴者のアマチュアがパッティング中にも関わらず、その脇で自身のパッティング練習を行っていたり、

前の組が詰まってティーグランドで待機している際も、プレーが終わったグリーンでアプローチをしたり。。。

要はプロアマで積極的にお客さんであるアマチュアとコミニュケーションを取ろうとしなかった事に腹を立て帰ってしまったようですね。

この謝罪会見で気になったのが、片山選手の発した「なぜ帰ったのかわからない・・・」発言です。

もともと評判が良くなく、プロアマでも自身の練習に重きをおいてプレーしていたとの報道もありましたが、以前から、この習慣で問題なくプロアマをこなしていたのが、周りが何も注意してこなかったのが一番の問題ではないでしょうか。

協会、選手会が一眼となってプロアマを盛り上げるといった所で参加選手への周知徹底を怠った結果とも見えますね。もちろんプロアマでは無くゴルファーとして見た場合の今回の片山選手の行動も問題ありですが。

でもこれをきっかけに、もっと男子トーナメントも米国のような、華やかなトーナメントに変化していければ、この事件の当事者たちも問題提起したかいがあったというものですね。

ゴルフはこれくらいにして、27日の欧州株は上昇して始まりましたが、中国とアメリカの貿易摩擦が和らぐとの期待から、安心感が広がる形となりましたね。

ドル円は欧州序盤こそ109円後半につけていましたが、中盤になると110円台を回復。ポイントとなった200日線を軽くオーバーし、110円台を維持しています。

200日線超えが維持できれば、NY時間はもっと伸びるかもしれません。一方ユーロドルはというと、階段を転げ落ちるように下落。200日線を軽く下回り、1.160ドル台へとつけています。

欧州時間入るころに、10日と25日のデッドクロスが発生。大きく売り方向へと進みました。 ワールドカップの結果が、ものすごく気になるところです。でも市場を追いかけるのなら、アメリカの通商問題にも目を光らせておきたいものです。

 

カテゴリー: golf

利益という名のゴール

6月ももうすぐ終わりです。早いですね。

ワールドカップの日本代表戦でものすごく盛り上がっていても、経済は常に動いています。サッカーで熱い心をたぎらせるのも良いですが、利益という名前のゴールを忘れてはいけません。ハットトリックを目指すためにも、今週の経済指標をチェックです。

まず週明け早々には、5月米新築住宅販売件数が発表。26日にはケース・シラー米住宅価格指数・27日にはMBA住宅ローン申請指数が発表されます。住宅関連指数目白押しです。

ただ注目したいのは、28日に予定されている米GDPの発表でしょう。予想としては2.2と前回発表した時の数値と変わらないと出ていますが、果たしてどうなることやら? そして忘れてはならないのが、米中貿易問題についてです。一体どうなってしまうのか?

カテゴリー: FX

デモトレードでFX会社の特徴をつかもう!

面白そうだからFXをやって見ようと考えても、どこのFX会社が本当に良いのか分かりませんよね。

ネットなどでFX会社ランキングから選んでいく方も多いかと思います。でも実はFX会社って、ランキングで便利さの基準を見つけながらもっと深く違いを見つけていけると上手なFX会社選びとなって行けます。

どうやって選ぶかですが、デモトレードの活用はかなり有効的な手段です。多くのFX会社ではデモトレードを設けているので、数社のデモトレードを実際に使って見るのが良いかも知れません。

FXトレードは、瞬時に動く為替レートを追いかけていくので、まずはパソコン操作が簡単でないといけないのです。さらに嬉しいのは、ファンダメンタル情報を速報してくれたりするとテレビニュースに頼らなくても良いのは便利ですよね。

そしてゲーム好きな人に必要なのはゲーム感覚ですよね。ゲームにはすばやい動作が出来ないと駄目で、攻略法を覚えながらどんどんゲーム感覚を磨かないと面白くありません。

ゲーム好きな人がFXも好きかは別ですが、FXトレードを上手にこなして行くには、FX感覚を身に付けて行かなければなりません。おそらくFX初心者にとって、最初から画面操作をスピーディになんて無理です。

FXトレードに必要なのは、瞬時に変わる為替レートを追いかけながら決裁していななければならないのです。これがFX感覚の第一歩といえるのですが、

兎に角早くスピーディな画面操作に慣れなければならないのです。ですからデモトレードが大切で、何しろ無料でできて口座開設をする必要はありません。

米中貿易摩擦の影響

週初めの月曜日、通勤時間に発生した大阪北部地震から1日たった昨日19日の日経平均株価は、2万2,278.48円で終了し前日比-401.85円となりました。

前日の米株が下落したこと、またアメリカと中国の貿易摩擦懸念が足を引っ張る形となりました。

そして更に、トランプ大統領は中国製品に対して追加関税の調査を指示したことが原因にもなっています。中国の報復関税に対して、さらなる追加措置を加えたことになります。

トランプ大統領の発表を受けて、中国は大激怒!

当然ドル円も大きく動き、110.5円から110.1円にまで大きく値を下げました。世界的な貿易戦争懸念の影響はドル円だけでなく、他の通貨にも影響が出ています。ユーロ円は128.5円から128.2円へ、ポンド円は146.3円から146.0円の推移です。

ちなみにユーロドルはと言うと1.164ドルにまで上昇しましたが、昼時間に入るとズルズルと下がりました。東京時間終了時には、1.160ドルまで下がっています。

ネットでは次の地震への警戒が盛んですが、、まずは落ち着いて、今の状況に対処していき、今後の備えも怠り無くしたいものです。

カテゴリー: FX

ついに全米オープン開幕

ついに全米オープンが開幕しましたね。しかし日本では夜中から放送です。。これは平日のテレビ観戦は辛いものがあります。5日日本でも海外メジャーとは言いませんが世界選手権が開催されるようになるといいですね。

それにしても事前情報通り、厳しいコースに強い風が吹き荒れるとスコアは伸びません。

ラウンド1日目のトップでさえ-1です。ちなみに初日トップに経ったのが世界ナンバーワンのD.ジョンソン他3名。S.ピアシー、I.ポールター、R.ヘンリーとベテランであり、なおかつショットメーカが上位に来ています。これからの3日間、まさにガマン大会の様相となりそうです。

ところで日本勢は松山が+5でなんとか予選ラインに入っていますが、他3名は明日大きく伸ばさないと厳しい状況です。頑張れ!

ところで市場では12日最大のビッグイベントであった米朝首脳会談は、非核化で見事に合意にこじつけました。

トランプ大統領は米韓演習を停止するとしていますが、北朝鮮への経済制裁は継続するとしています。また拉致被害者に対しては一応話には出ていたそうですが、解決には至っていません。

ドル円は大注目だった米朝首脳会談が終わったためか、方向感に欠ける展開です。一時は110.1円にまで落ち込んだ場面はあったものの、110.3円にまで戻しています。

一方ユーロドルはと言うと、欧州序盤は1.17後半から1.18ドル台まで上昇しました。しかしドイツの経済指標の結果が振るわなかったことを受けて、再び1.17ドル後半へとつけています。

ビッグイベントだった米朝首脳会談は、何とか乗り切ることができました。でもビッグイベントは米朝首脳会談だけではありません。

カテゴリー: golf

ヨネックスレディース観戦

先週末に新潟県で唯一開催される女子プロトーナメントのヨネックスレディースへ観戦に行ってきました。

東京から新幹線で1時間40分あまり、さらに長岡駅からシャトルバスで30分ほど、バスも快適で千葉や茨城で開催されるトーナメントと変わらない時間で開催コースのヨネックスCCへ到着しました。

金曜日の10時位に到着しましたが、天候は薄く曇り気温も20度前後と絶好のトーナメント日和、観客も初日朝から大勢入場しておりました。

すでに多くの選手がスタートしていましたが、入場して目に飛び込んできたのが先週見事に初優勝を飾った岡山絵里選手、先週の優勝そのままに安定したスイングをしていましたね。

また午後から18番ホールの2打目地点へ移動、その途中、柏原選手がカートに乗ってクラブハウス方面に戻るのを目撃、てっきりOBの打ち直しだと思った所、後に左手首痛で棄権っと聴いてがっくり、結構好きな選手です。ゆっくり直してください。

また日曜日、試合終了後、長岡駅で上田桃子選手を目撃、今回も惜しくも優勝に届かず悔しいと思いますが、にっこり笑顔で会釈してくれたところを見ると、精神的に安定している証拠、近々の優勝もありそうな雰囲気でした。

そんな週末を過ごした週明け、欧州株は全体的に安定しており、まずまずと行った所でしょうか。ただしイタリア株が前営業日比よりも下回ってはいるが…。

ただ大きな懸念材料となっていた「イタリアEU離脱」のシナリオは、何とか回避はできそうです。 東京時間には1.17ドル台に行けなかったユーロドルは、欧州時間になると一気に上昇。高値を1.174ドルにまで伸ばしました。

しかしユーロドルを押し上げる材料は特になく、1.171ドルまでに値を下げています。今日はユーロ圏生活者物価指数が発表されましたが、弱めの結果となりました。一方ドル円はと言うと、109.6円を軸に上下の動きです。動きらしい動きは特になく、次の材料待ちと言った所です。 材料がないわけではないのですが、特に目新しいニュースは見当たりませんでしたね。